elokuvantaju
  トップ   |    教材   |   検索   |   学習法  
» 教材 » 美術デザイン » エポック
 
Epoch is a historical period.

 A RESPECTABLE TRAGEDY
 © Kinotaurus 1998
  « Image example
  エポック

  歴史的な一時代のことをエポックという。

  芸術や映画においてエポックがどう解釈されるかは、時代によって様々である。例えば、フィンランド映画『名誉ある悲劇』(Säädyllinen murhenäytelmä)のシノグラファーを務めたカティ・イルマランタは、「今では製作者がかなり自由にエポックを解釈できるようになった」と言う。この映画は1930年代のヘルシンキを舞台としている。しかし映画においては必ずしも歴史に忠実にセットを組む必要はなく、最も重要なのは、描かれるエポックについて観客がどのようなイメージを抱くかである。

  このような自由なエポックの解釈は『ルカヤルビの道』(Rukajärventie)にも表れている。映画の中で偵察隊が所持する武器は、現実の継続戦争時代初期のそれに一致してはいない。しかし、これは映画であって、歴史の教材ではない。映画のペルコイラ大尉のモデルとなったペンティ・ペルットゥリ少佐は、継続戦争の歴史的事実とそれを描いた映画との関係についてこう述べている。「だけどカリ・ヘイスカネンが片手で"エンマ"を撃つなんて、かっこいいじゃないですか」(注: 「エンマ」はDegtarjev DP-27 ライフル銃の愛称)

 

SES. Koulukino. Säädyllinen murhenäytelmä. [www.ses.fi/koulukino/elokuvat/saadylfi.htm]

SES. Koulukino. Rukajärven tie. [www.ses.fi/koulukino/suomi.htm]

Helsinginsanomat NYT. Arvostelu. [www.helsinginsanomat.fi/nyt/
elokuvat/arvostelu.asp?movid=68
]

 

 
     利用法     製作者     フィードバック     FLE     協力