elokuvantaju
  トップ   |    教材   |   検索   |   学習法  
» 教材 » 映画 » ドキュメンタリー
 
John Webster: Rooms of Shadow and Light

 ROOMS OF SHADOW AND LIGHT
 John Webster
 © Millennium Film Oy Ltd
  « Image example
  ドキュメンタリー

  ドキュメンタリー映画とは、フィクション映画よりもより事実性の高い映画をいう。ドキュメンタリー映画の出来事は事実そのままであり、登場人物は、現在または過去の出来事の当事者本人で、自分自身について語る。しかしながら、全て映画は、多かれ少なかれフィクションであり、製作者が事実を解釈したものである。ドキュメンタリー映画は事実そのものではないし、唯一絶対の真理を追求するものでもない。あくまでもその事実に対して可能なさまざまな解釈・観点を示すものである。

  ドキュメンタリー映画には次のような種類がある。

  • 実験的ドキュメンタリー
  • 人類学的・民俗学的ドキュメンタリー
  • 注文製作ドキュメンタリー
  • フォローアップドキュメンタリー
  • 記録保存のための基礎資料ドキュメンタリー
  • シネマベリテ
  • 主観的ドキュメンタリー

  シネマセンスの資料やリンクを利用して、映画をドキュメンタリーとフィクションに二分することにどのような意味があるのか(または意味がないのか)考えてみるとよい。

 

Steps for the Future [www.steps.co.za]
"Many of the best professionals in the international field of documentary filmmaking are collaborating to create a collection of challenging and meaningful documentaries that will resonate throughout the region, and inform the world about life in Southern Africa in the midst of HIV/AIDS."

 

 
     利用法     製作者     フィードバック     FLE     協力