elokuvantaju
  トップ   |    教材   |   検索   |   学習法  
» 教材 » 映画 » フィクション
 
Tales, stories, drama, fiction

 LOVERS & LEAVERS
 © MRP Productions 2002
  « Image example
  フィクション

  映画表現においては、フィクション(劇映画)とドキュメンタリー(記録映画)の違いが強調される。

  フィクション映画は、ドキュメンタリー映画の事実性を薄めたものにすぎない、といわれるが、果たしてそう簡単に言ってしまってよいものだろうか。神話や童話を始めとして、文化に深く根ざした語りは全て、何らかの事実に依っている。映画は、観客がそれを解釈し、記憶に留め、その話について語り、それを夢に見るようになった時、本当の事実となるのである。

  フィンランド映画誌(Suomen Kansallisfilmografia)の定義によれば、長編映画、劇映画、劇場映画はいずれも同じものを意味する。すなわち、「映画館で有料で上映され、上映時間が最低37分間の独立した作品。これは毎秒24コマの35ミリフィルムで1000メートルに相当する。」

 

The Internet Movie Database. [www.imdb.org]

 

 
     利用法     製作者     フィードバック     FLE     協力