elokuvantaju
  トップ   |    教材   |   検索   |   学習法  
» 教材 » 脚本 » 冒頭部
 
Three act model: The beginning

 Three act model: The beginning.
  « Image example
冒頭部

  映画の話の冒頭部においては最も重要な葛藤が提示される。また、映画の進行に欠かせない登場人物やセットが示される。

  冒頭部はジャンルの特徴をうまく使えば、単純であっても充分に観客をひきつける魅力を持ちうる。例えば昔話の「むかしむかし」はそのいい例である。話を聞く者はこの2語を耳にしただけで、話の世界の中に引き込まれていくのである。

  映画の冒頭部は三幕構造の第1を意味することもある。その場合、冒頭部は映画の上映時間の約4分の1を占める。

  映画の構造についての左図を参照のこと。

(参照)起点

 

 
     利用法     製作者     フィードバック     FLE     協力