elokuvantaju
  トップ   |    教材   |   検索   |   学習法  
» 教材 » 脚本 » 中間点
 
Classic drama structure by Freytag: Midpoint

 Midpoint.
  « Image example
  中間点

  中間点は映画の構造上、重要な位置を占めている。「ロミオとジュリエット」の構成に見られるように、古典劇は上昇と下降の動きに分かれる。(Freytagの表を参照せよ)

  話の冒頭で、ロミオとジュリエットが両家の間の対立にも関わらず、幸福に向かって上昇していく。しかし、根深い憎しみに対して、愛し合う二人に何ができるというのか。(参照、起点)ロミオはジュリエットへの愛と家の義務との間で板挟みとなる。話の中間点において、ロミオは友人の敵をとって、決闘でジュリエットのいとこタイバルトを殺してしまう。その裁きとしてロミオは国外に追放される。タイバルトの死後、アクションは愛し合う二人の死に向かって下降を始める。悲劇の下降アクションにおいて、状況は加速度的に悪化していく。この中で、ロミオは、ジュリエットが死んだという誤報を受け取り、この誤報に基づいて「正しく」行動するのである。

  ハリウッド映画の「中間点が転換点」という構成は、この古典劇の構成を受けるものである。例えば『羊たちの沈黙』には、中間点における転換が明示されている。『クライング・ゲーム』には、この中間点が典型的に見られるし、『トレインスポッティング』ではちょうど中間点で主人公マーク・レントンがヘロインを過剰に注射して病院に運ばれ、後半部の、レントンの自宅における長い麻薬治療の始まりとなる。

(参照)中心部構造

 

Neil Jordan: The Crying Game (1992). [us.imdb.com/Title?0104036]

Jonathan Demme: The Silence of the lambs (1991). [us.imdb.com/Title?0102926]

 

 
     利用法     製作者     フィードバック     FLE     協力