elokuvantaju
  トップ   |    教材   |   検索   |   学習法  
» 教材 » 脚本 » プロット
 
To take or not to take?

 The RESTLESS

 © Solar Films Inc. Oy 2000
  « Image example
  プロット(筋)

  プロットによって映画の物語が語られる。同じ物語を、多くの異なる筋で語ることが可能である。プロットは映画を結末に向かって進行させるアクションのつながったものである。

  筋は脚本家の頭の中に常に入っていて、おのおのの台詞が、筋を前へと進めるものになっていなければならない。できるだけ早く、望むべくは冒頭部で既に、筋がつかめるのがよい。セット登場人物の描写は、筋の細部として、話の進行にともなって深化させることができる。

  筋があまりにも容易に推測できてしまうのはよくない。観客は、予測のつかない展開を求めるものである。

  なお、次の点は覚えておくこと。すなわち、物語はスタイル、セット、登場人物のキャラクターで構成されていて、そこに内在する論理が筋の展開を制限するということである。映画の内的論理に合わないような展開があってはならない。

 

You can search for plots in The Internet Movie Database. Try [www.imdb.org]
"Search the database for", choose "Plots".

 

 
     利用法     製作者     フィードバック     FLE     協力