elokuvantaju
  トップ   |    教材   |   検索   |   学習法  
» 教材 » »
 
Music is essential element of a film.

 THE MAN WITHOUT A PAST
 © Sputnik Oy
  « Image example
 

  映画やビデオで演奏される作品。

  映画音楽は1930年代に一般の関心を集めるようになって以来、映画表現の重要な一部となっている。映画音楽においてはいわゆるムードテクニックが発達し、作曲家はそれぞれのシーンで表現されることを強調するために、その雰囲気にふさわしい音楽を用いる。現在でも、しばしば、映画音楽はムードテクニックによっている。

  音楽には次の3つの機能がある。

  1. 注釈的機能、すなわち映画の登場人物ごとにその性格をあらわす音楽的テーマを与える。この場合、形式主義に陥る危険性がある。
  2. 分極化機能、すなわち、多義的に解釈できるシーンで、観客の関心を特定の出来事あるいは人物に集中させる。簡単に言えば、次に何が起こるかを観客に予告するような場合がこれにあたる。
  3. 対位的機能、すなわち、映像の表現内容と対立する機能を持つ。これは無音の効果が注目されるようになって発達した。

 

 
     利用法     製作者     フィードバック     FLE     協力