elokuvantaju
  トップ   |    教材   |   検索   |   学習法  
» 教材 » 撮影 » シャッター
 
Shutter

 A shutter regulates the time of exposure.

  « Image example
  シャッター

  シャッターは、フィルム(またはビデオカメラの撮像板)の露出時間を調節する機能を担っている。通過する光量の調節には、シャッターに加えて、レンズの開口絞りも関与している。

  絞りを調整することでレンズの口径を変えて、通過する光量が調整される。(口径が一番大きい時にレンズを通過する光量をレンズスピードという。)カメラマンは表現したい最良の映像が得られるように、絞りとシャッターの機能をうまく組み合わせなければならない。シャッターも絞りと同様、重要な働きをする。

  映画カメラのシャッターは、いわゆる扇形シャッターと呼ばれるもので、扇形の鏡(最も一般的には固定式で180度)がアパーチャーとレンズの間で回転するようになっている。鏡がアパーチャーの前に回ってくると、画像がプリズムによって、ファインダーとキャメラマンの目に伝わる。鏡が回転しおわると、レンズを通過した画像からの光がフィルムに達し感光する。

  さらに進んだ機能を備えたカメラでは、撮影中においてもシャッター開角度(扇の大きさ)を変えることができる。これによって、シャッタースピードの変化によって生じる露光量の調整が可能になる。例えば秒速25コマから50コマに変えた場合、自動的に開角度が90度から180度に変わる。こうすることで、露光量を同じに保つことができる。

  デジタルカメラの中にはまれにシャッターのないものもあるが、実際的には従来のカメラと同様、デジタルカメラもシャッターが必要である。

 

American Museum of the Moving Image. [www.ammi.org]
Choose "Shutters, Sprockets, and Tubes consists of six animated interactive tutorials that explain the science and technology behind movies and television."

 

 
     利用法     製作者     フィードバック     FLE     協力